ネパール旅行.トレッキング.ツアー会社
          “人と地球に優しい旅を”

カトマンズ市内観光

カトマンズ市内観光


カトマンズ
ネパールの首都で最大の都市である。カトマンドゥとも呼ばれる。

 

概要
首都という場合、通常カトマンズ市をさすが、単にカトマンズという場合、カトマンズ盆地全体、カトマンズ郡(カトマンズ市部を含む)、あるいはカトマンズ首都圏(カトマンズ、パタン、バクタプルの各市部)をさす場合もあるので注意が必要。

カトマンズ旧王宮広場(ダルバール広場)の南西の隅に、一本の木カスタ)からできたという伝説をもつ祭場がある。この建造物の名称、カスタマンダプ(kashthamandap)がカトマンズの名の由来だと言われる。建立年は不明だが12世紀頃ではないかと考えられている。

 

歴史
古代より、現在のネワール族(Newar)の祖先であろうと思われる非インド・アーリヤ系先住民がこの地で生活をしてきていたが、4世紀の後半にはインド・アーリア系のリッチャヴィ王朝がカトマンズ盆地を征服しネパール(ネーパーラ)王国を興した。

9世紀、リッチャビ王朝の衰退以降はデーヴァ王族(リッチャビ王族とは別)がカトマンズ盆地を治めた。 その後13世紀初頭ころから、それまでのデーヴァ王族に代わりマッラ王族が台頭しはじめ、15世紀にはヤクシャ・マッラ王の死後、長男ラーヤ・マッラ王が統治するバクタプルから二男のラトナ・マッラが独立し、カトマンズ・マッラ王朝を開く。17世紀にはカトマンズ・マッラ王朝から独立したシッディナラシンハ・マッラがパタン・マッラ王朝をひらいた。こうして中世後期にはカトマンズ近辺にマッラ王朝の3つの王国(カトマンズ、パタン、バクタプル)がこの地を治めていた。

1768年、ゴルカ王のプリティビナラヤン・シャハ(King Prithivi Narayana Shah)がこの地を三王国を倒し、カトマンズを首都として定めた(シャハ王朝)。1769年にネパールを統一するまでは、「ネパール」というと「カトマンズ」をさしていた。

王宮やヒンドゥー教や仏教の寺院などがあり、代表的な建造物としてスワヤンブナート寺院、国立博物館、ダルバール広場、バラジュ庭園などが知られる。17世紀の歴史的な建造物が多く残るカトマンズ盆地全体が、カトマンズの渓谷として1979年、ユネスコの世界遺産に登録されている。

またヒマラヤ登山を志す者はほぼここで旅の支度をする。中国のチベット自治区側からは規制が厳しく、ネパール側から登る人が多い。そのためネパールの最大都市であるカトマンズで必要なものを取り揃えるのである。

かつては、多くのマジックバスの終着地であった。

観光
主な寺院